派遣を受け入れる側も対応を統一してくれないと、病棟が混乱しますし、派遣ナースも大変な思いをしますよね・・・。


派遣で働くメリットは、人間関係に悩む事がなく、自分のペースで働く事ができる点、それに、同じ業務内容でも、 パートやバイトに比べると時給が高い点があげられます。 それに、派遣された職場が自分に合わないと思ったら、変更する事が簡単にできるんです。 常勤やパート、バイトで働いていると、そのような事はできませんよね。 それが派遣のメリットでもあるんです。 派遣の場合、時給が2000円以上の求人も沢山ありますし、夜勤の派遣であれば、 1回の勤務で3万円以上稼ぐ事もできるんです。 派遣は、短時間で効率良く稼ぐ事ができる働き方です。 でも、職場によっては、派遣の受け入れ体制の悪いところもあるので、辛い思いをするというケースもあります。 スタッフの中には、派遣看護師の事を快く思っていない方もいるのは事実です。 その為、派遣先で充分な指導をしてもらう事ができず、放置されたりと、嫌な思いをする事もあるんです。 病棟で働く場合には、患者さんが抱えている疾患や状況などを、把握する必要がありますよね。 患者さんの状態を把握していないと、急変などが起きた場合に、適切な処置を取る事ができません。 でも、受け入れ体制が悪い職場の場合、患者さんの情報を教えてもらう事ができませんから、混乱してしまいます。 派遣の看護師は、スポットで勤務する事になりますから、より良い看護をする為には、瞬時に患者さんの情報を把握する必要があります。看護師として、どんな状況であっても、患者さんの事を第一に考えて対応する事が求められます。 派遣、パート、バイト、常勤など、働き方に関わらず、患者さんの命や健康を預かっている仕事ですから、 立場に関係なく対応を統一して貰いたいと思います。

ズバリ!老健にはもっと看護師の人数が必要?看護師以外の医療スタッフが増えた方が嬉しい??

老健のような介護施設は、病院のようなハードな業務ではありませんし、年間の休日数も多い事もあり、 ママさんナースに人気の職場でもあります。 実際に多くのママさんナースが老健で働いています。 老健は、他の介護施設とは違い、ドクターが常勤していて、看護師は24時間常勤しています。 だから、他の施設に比べると看護の仕事が多いと思います。 老健には100名の方が入所しているんですが、100名分の回診や定期処方というのは、かなり大変です。 ほとんどの方が内服をしているんですが、100名分の内服を準備するのは大変です。 だから、誤薬がないように色分けしています。 でも、病院のような高度な医療行為をする事はありませんし、残業もほとんどありませんから、 ママさんナースでも働きやすい職場です。 ただ、夜勤もできる看護師というと、人数が限られてしまいます。 私が働いている老健では、12名の常勤看護師がいるんですが、夜勤をしている看護師は6名なんです。 ある程度、希望に沿ったシフトを作って貰う事ができるんですが、月の夜勤が5、6回となるとキツく感じます。 何もなければ問題ないんですが、急な休みがでたりすると、他のスタッフの負担が増えてしまうのが実状です。 夜勤ができる看護師がもっと沢山いたらいいと思いますよね。 そうすれば、一人一人の看護師の負担も軽くなるのではないかと思っています。 老健での夜勤は、病院に比べると楽なんですが、それでも、夜間に仕事をしている状態なので、 夜勤の回数が増えると体調が悪くなってしまいます。 夜勤専従でもいいので、夜勤のできる看護師を確保して貰いたいというのが、今の私の希望です。 これは、介護施設で働いている、誰もが思っている事だと思います。

医療期間が機能しない事の恐怖・・・。首都圏直下型地震では医療期間の機能停止が予想されますね。

阪神淡路大震災や、東日本大震災は、まだ記憶にしっかり残っていますよね。 震災で、停電や断水、火災などが起きて、かなり広い範囲に不被害がおよび、多くの方の命が奪われてしまいました。 震災が起きると、交通も麻痺してしまいますし、いろいろなライフラインが遮断されてしまいますよね。 自然災害というのは、人災と違って、避ける事はできませんよね。 だから、自然災害が起きた時に、どのように対応するか、どのような対応策を取るかによって、 災害の希望を抑える事ができるんだと思います。 今後、大規模な、首都圏直下型地震が来ると言われていますよね。 首都圏というのは、いろいろな機関が集まっている日本の中心部ですから、そのような場所に大地震が起こったら、 いろいろな機能が停止して、大惨事になる事が予想されます。 首都圏はビルが密集していますから、ビル内で火災が起こりますから、大勢の方の命が失われてしまいます。 それに、電車も脱線して、地下鉄内では、二酸化炭素の濃度が上がって、高炭酸ガス血症に陥る人が沢山出てくるでしょう。 多くの死傷者が出れば、医療機関の需要は一気に高まりますよね。 でも、震災で停電になれば、病院にいくら自家発電があっても長時間にわたって対応する事はできません。 それに、医療物資にも限りがあります。 交通機関が途絶えてしまったら、必要な物資を運んで貰う事もできませんし、他の病院に移動する事もできませんよね。 医療機関の機能が停止してしまえば、さらに多くの方の命が失われる事になってしまいます。 震災が起きた時の為に、どのような対策を取ったらいいのか、一人一人がしっかりと考えておく必要がありますよね。 そうする事によって、被害を抑える事ができるのではないかと思っています。