20~30代にブランク期間があっても問題ないと思います!

最近は、育児環境が整った職場が増えている事もあって、しっかりと育児休暇を取って仕事に復帰する、 という方がかなり沢山います。 それに、核家族の家庭がほとんどという事もあり、出産を期に仕事を辞めて、育児に専念するという方も増えています。 そうすると、ブランクができてしまいます。 日々進歩している医療業界では、看護師をして働いていても覚える事が沢山ありますから、職場を離れてしまうと、 復帰しづらくなるというのが現状です。 実際に、仕事に復帰できないでいる潜在看護師が、かなり沢山いるんです。 潜在看護師の一部でも仕事に復帰する事ができれば、看護師不足が解消できるとも言われています。 家庭環境の変化によって職場を離れる方の多くは、20〜30代です。 結婚や出産が重なる時期でもありますが、働き盛りのその年代の方は、職場を離れる事について大きな不安を持っています。 それに、家族の介護の為に職場を離れる方もいます。 バリバリしごとをしてきた20代、30代の方にとって、職場を離れるのはとても不安で、 ブランクが出来る事を怖がってしまう方が沢山いると思います。 しかし、育児や介護に専念する為のブランクというのは、無駄な時間ではありません。 その理由は、介護や育児というのは、看護の仕事に大きく関わっているからです。 出産をする事によって、人生観がかわりますし、命の尊さを学ぶ事ができます。 それに、介護をする事によって、介護する側とされる側の大変さなど、多くの事を学ぶ事ができます。 そのような経験が、看護師の仕事をする上で必ず役に立ちます。 育児や介護を経験する事は、看護師として大きく成長する事ができるチャンスですから、 決してブランクを怖がる必要はありません。